スポンサーサイト

  • 2007.03.19 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


どろろ主題歌「フェイク」


cover
「フェイク」Mr.Children


先週の小林克也のラジオで、
映画「どろろ」の主題歌であるMr.Childrenの「フェイク」が流れた。

Mr.Childrenの「フェイク」は、
映画のイメージが強かったので、
タイアップの話がなかったら作られなかったとラジオでいっていた。

今、第人気。

Mr.Childrenの「フェイク」は、先週の小林克也のラジオ番組で人気度第3位だった。
でも他のラジオ番組では、1位だった!

眉毛・まつげ・育毛・発毛

Mr.Children「フェイク」の成り立ち

Mr.Childrenの「フェイク」が主題歌となったのは、 妻夫木聡と柴咲コウ主演の映画「どろろ」だ。 妻夫木聡演じる百鬼丸は、魔物に奪われた体の48ヶ所を取り戻すために、 魔物と戦う旅を続ける。 映画「どろろ」の百鬼丸は、 ”本物”を探す旅をしている。 「でも・・・”本物”って、なんだ?」 という気持ちが、 Mr.Childrenの「フェイク」を作るきっかけになったという。 cover 「フェイク」Mr.Children いろんなところに”本物”ではないものが、 この世、今の世の中にはたくさんある。 それを受け入れながら暮らしている、 ただそのことを「批判するでもなく、肯定するでもなく」 「”リアル”に表現したかった」 と、Mr.Childrenの桜井くんは言ってる。 こうして、Mr.Childrenの「フェイク」は、できあがったのだ。 なるほど!! ETC購入体験

妻夫木聡くんのコメント

雑誌「AERA」の表紙に、妻夫木聡くん♪が出てましたヨ〜!
妻夫木聡くん♪のインタビュー欄には、
こんないいことが書いてありました。

「みんなで作るからいいものができる。
そう気付いて、周りが見えてきました」


映画製作は大人数での共同作業。
人間関係も、ビジネスがらみだから大変だろう。

ビジネスがらみじゃないけど、
子供関係の親たちとのおつきあいも大変。

だけどどんな親だって、
わが子にいい経験を積んでほしいと願っている。

楽しく過ごしてほしいと思ってるはず。


だから同じだよね、
子どもも親もどこかで関係している。
みんなで我が子の成長を作っている、守っている。

いろんな人、いやだと感じる人がいても、
共同作業なんだ。

この世は共同作業なんだ。


だから人生いろいろあっても、
妻夫木聡くん♪の言うように、”いい人生”ができるはず!


また明日からがばんばろう思える、
妻夫木聡くん♪のコメントでした。


光ブロードバンド工事体験

手塚治虫「どろろ」

手塚治虫原作のマンガ「どろろ」と映画「どろろ」は、 結末が違う!! どっちがいいかっていえば、 私はもちろん映画「どろろ」の結末の方が好きで・・・。 ラストの妻夫木聡くんの明るい笑顔と、 柴咲コウの泣き顔は忘れられません!!! って、 映画を見る人に結末教えちゃうと悪いから、 結末の内容は書かないんだけど・・・! cover 「どろろ (1) (手塚治虫) 魔神にからだの48ヶ所をうばわれた少年百鬼丸! 安住の地を求める百鬼丸には、常に妖怪がつきまとうのだった! 彼の刀をねらう奇妙な相棒、どろろをくわえて妖怪退治の旅が始まる! 異色の時代劇、第1弾! ちなみにマンガの『どろろ』は、 農民たちと百鬼丸(妻夫木聡)は、父・醍醐景光を倒します。 そして百鬼丸は、 どろろ(柴咲コウ)を農民たちのもとに残して、 たったひとりで妖怪退治の旅に出るところで終わっています。 どちらの結末のほうがいいかな? 私はもちろん映画「どろろ」のほうが、好きです! ETC購入体験

妻夫木聡と柴咲コウ

妻夫木聡(26)と柴咲コウ(25)がW主演する映画「どろろ」(塩田明彦監督)は、
アメリカ、イギリス、ヨーロッパやアジアなど世界23カ国での公開が決まっている!!

スゴイね。


映画「どろろ」は、漫画家・手塚治虫原作だが、
手塚治作品が世界中に人に見られるんだね。
(手塚さん、よかったね!!)


映画「どろろ」はニュージーランドで撮影されたんだが、
「ロード・オブ・ザ・リング」のロケ地としても、
ニュージーランドは有名なんだ。

このニュージーランドで撮影した壮大なスケール感と、
「HERO」「LOVERS」で知られる世界的アクション監督、チン・シウトンによる完成度の高いアクション映画となった「どろろ」。


ワイヤーアクションは初めてという妻夫木聡くんと柴咲コウ。
熱愛が噂されている二人だけど、
二人ともワイヤーアクションは楽しかったようだ。

ただ、
柴咲コウがあざだらけになったと言っていたけれど。
(やっぱり大変なんだね)


映画「どろろ」の物語は、
父(中井貴一)が乱世の覇者となるべく魔物と契約を交わしたことの代償として、
その肉体を48の魔物に奪われた百鬼丸(妻夫木)と
男装したコソ泥、どろろ(柴咲)の冒険活劇だ。


医療費をクレジットカードで払える病院

妻夫木聡と柴咲コウ

妻夫木聡(26)と柴咲コウ(25)がW主演する映画「どろろ」(塩田明彦監督)は、
アメリカ、イギリス、ヨーロッパやアジアなど世界23カ国での公開が決まっている!!

スゴイね。


映画「どろろ」は、漫画家・手塚治虫原作だが、
手塚治作品が世界中に人に見られるんだね。
(手塚さん、よかったね!!)


映画「どろろ」はニュージーランドで撮影されたんだが、
「ロード・オブ・ザ・リング」のロケ地としても、
ニュージーランドは有名なんだ。

このニュージーランドで撮影した壮大なスケール感と、
「HERO」「LOVERS」で知られる世界的アクション監督、チン・シウトンによる完成度の高いアクション映画となった「どろろ」。


ワイヤーアクションは初めてという妻夫木聡くんと柴咲コウ。
熱愛が噂されている二人だけど、
二人ともワイヤーアクションは楽しかったようだ。

ただ、
柴咲コウがあざだらけになったと言っていたけれど。
(やっぱり大変なんだね)


映画「どろろ」の物語は、
父(中井貴一)が乱世の覇者となるべく魔物と契約を交わしたことの代償として、
その肉体を48の魔物に奪われた百鬼丸(妻夫木)と
男装したコソ泥、どろろ(柴咲)の冒険活劇だ。


医療費をクレジットカードで払える病院

妻夫木 聡くんセクシー♪

妻夫木 聡(つまぶき さとし)くんが主演の映画「どろろ」。
アクション映画は初めてだったという妻夫木聡くんが、
とってもセクシーだなと思ったのは、
時代劇(設定は未来なのだが)だったからだと思う。

魔物に奪われた自分の体を取り戻しに、
一人で旅を続ける百鬼丸(妻夫木聡)。

最初は暗い表情の妻夫木聡くんだけど、
どろろ(柴崎コウ)と一緒に旅をして自分の体を取り戻すにつれ、
少しずつ人間らしい表情が出てくる。

そして最初が暗い表情だったからこそ、
ラストシーンの明る〜い表情の妻夫木聡くんに、
とってもドキドキしちゃったのだ♪


目を細めて、
世の中を斜めに見ているような最初の感じから、
最後は堂々とどろろを迎える妻夫木聡くん。

細めていた目は大きく見開かれ、
左目を隠していた前髪も横に流して顔全体が表われ、
しかも映画ではあまり観られなかった妻夫木聡くんの笑顔!!

何よりも、このラストシーンがよかったです。
いや〜、かっこよかったな〜♪



ちなみに日本人って、
やっぱり時代劇アクションをやると、
かっこよく見えるんだな〜(爆)。


ETC購入取付5800円


「どろろ」映画観ました♪

手塚治原作の映画「どろろ」を観てきましたヨ〜! 先日ラジオで、 「どろろ」はニュージーランドでロケをしたといっていたのを聞きました。 そのとき私は、 手塚治の世界がどんなふうにニュージーランドの風景とマッチするのだろう と興味がわきました。 「どろろ」をまったく読んだことがなかったんですが! 映画では日本だけど、 ちょっと異次元的な日本の風景として描かれていた感じでした。 しか〜し! それよりも何よりも、 主役の妻夫木 聡(つまぶき さとし)くんがとってもセクシーでかっこよかったです♪ 映画「涙そうそう」で観た妻夫木くんの普通のお兄さんぶりもいいけれど、 時代劇の妻夫木くんはすっごく似合っていました! すてき(うっとり)。 内容は別として、 セクシーな妻夫木くんをぜひ女性に観てもらいたいです(笑)♪ 光ブロードバンド工事体験

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
TOP

スポンサードリンク

スポンサードリンク

selected entries
categories
archives
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM