スポンサーサイト

  • 2007.03.19 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ソフィア・コッポラ監督作品へのブーイング

ソフィア・コッポラ監督は、
巨匠フランシス・コッポラ監督の娘だ。

アメリカ生まれだが、
フランシス・コッポラ監督が「地獄の黙示録」を撮影していた時は一緒にロケ地のフィリピンに滞在した。

そして、フィリピンの華人学校に通ったという。

「子供の頃は広東語をしゃべっていた」という。


さて、
今回のソフィア・コッポラ監督の映画は、
新世代の斬新な映像美という評価がある。

その一方で、
「歴史や文化に無理解」という反発もあった。
どういう切り口で映画を作るかの違い、だと思うけれど。。。

ソフィア・コッポラ監督は、
「暴力を描くのは嫌いです」と言ったけれど、
マリー・アントワネットの凋落についてはこの映画ではかかれていない。


私はその点がヨカッタと思ったのだけど!

マリー・アントワネットの生涯を知っているからこそ、
マリーの孤独なベルサイユでの青春の場面だけを、
美しい映像と贅沢さで見れたことで楽しめた。

だって、マリー・アントワネットの悲劇の最後を知っているから、
美しい場面ばかりだけど、その物悲しさが浮かび上がるではないか??


ちなみに初公開の場になった今年のカンヌ映画祭では、
地元フランスの観客からブーイングが飛んだという。

ソフィア・コッポラ監督は、
「米国人がフランス文化を描けば、フランス人が反発するのは当然よね」
といっていた。


なお、
東京のホテルを舞台にした前作「ロスト・イン・トランスレーション」でも、
登場する日本人の描き方がステレオタイプだとの反発が出ていた。

そのときソフィア・コッポラ監督は、
「意外です。日本の環境に適応できない不器用な米国人の姿もこっけいに描いたつもり。私はハローキティで育った世代。伝統と最先端がミックスしている日本は大好きなのに」
といっていた。


ETC購入体験


ソフィア・コッポラとキルスティン・ダンスト

映画「マリー・アントワネット」は、
ソフィア・コッポラ監督の作品だ。

主演のキルスティン・ダンストは、
ソフィア・コッポラ初監督作品『ヴァージン・スーサイズ』に出演して以来、
「マリー・アントワネット」で2度目の出演だ。


ソフィア・コッポラ監督の映画の主人公は、
いつも若い女性のアイデンティティー探しがテーマとなっていた。
この映画「マリー・アントワネット」は、
「自分探しのトリロジーの最終章になったと思います」
とソフィア・コッポラ監督は言っている。

ソフィア・コッポラ監督は、
マリー・アントワネットが”14歳”でオーストリアからフランスという他国へ、
たったひとりで嫁いだことに興味を持ったという。

ソフィア・コッポラ監督にとって、
マリー・アントワネットは”デカダンスのシンボル”だったという。

日本では「ベルサイユのバラ」でマリー・アントワネットはすごく有名だけど、
ルイ王朝の崩壊とともに咲いた最後の花、という感じだね。


光ブロードバンド工事体験



キルスティン・ダンストの芸歴

キルスティン・ダンストは1982年4月30日生まれなので、
現在24歳。
若いですね。

しかし、キルスティン・ダンストの芸歴は長〜〜〜〜〜〜い!!!


だって、キルスティン・ダンストは3才で芸能界入り(爆)!!

今までに、70本以上のCMに出演。

89年「ニューヨーク・ストーリー」で映画デビュー。
94年「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」でゴールデン・グローブ賞ノミネート、
ブロックバスター・ビデオ・アワードの助演新人賞、
MTVアワードのベスト・ブレークスルー・アーティスト賞、
サターン・アワードのベスト・ヤング・アクトレス賞を受賞。


cover
「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」

トム・クルーズとブラッド・ピットと競演しているですね〜!!

しか〜し、
このときキルスティン・ダンストは11〜12歳ほどの若さ!!

「幼いキルスティン・ダンストの「妖艶さ」も見ものである。」
と書かれています!


【インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア】
ジャーナリストのマロイの前に、自分は吸血鬼だと名乗る男、ルイが現れる。そして彼は、自分を吸血鬼にしたヴァンパイアのことを話す。その吸血鬼レスタトは、ともに永遠の命を生きる相手としてルイを選んだのだが…。
アン・ライスが、自身の小説『夜明けのヴァンパイア』を脚色。『クライング・ゲーム』のニール・ジョーダン監督が、一流の若手キャストを得て映画化したゴシック・ホラーである。
レスタトを演じるトム・クルーズの配役には、当初原作者のライスが反対した。しかし体重を落としたうえに髪を金髪に染め、今までのイメージを覆したクルーズの姿に、ライスも大絶賛。もう1人の美形俳優ブラッド・ピットと、男同士のエロティシズムを競っている。

山本寛斎スーパーショー太陽の船

キルスティン・ダンスト人気♪

cover alt="「ELLE JAPON (エル・ジャポン) 2007年 03月号」(アシェット婦人画報社)">

「ELLE JAPON (エル・ジャポン) 2007年 03月号」(アシェット婦人画報社)

ELLE JAPON (エル・ジャポン) 2007年 03月号の表紙に、
映画「マリー・アントワネット」でマリー・アントワネット役を主演したキルスティン・ダンストが出ていますよ!


ちなみに、
エル・ジャポン3月号のの内容は、こうです♪

2007年の旅計画は砂漠・パワースポット・究極のスパがキーワード-自分を変える旅へ!
「誘惑力」のある女になる10の方法-あなたを輝かせるメイク・ネイル・ヘアを伝授
ロイヤル・セレブに学ぶ「上流な女」とは?-ヨルダンのラニア王妃や各国のプリンセス・パリの若き貴族のライフスタイルを紹介

別冊付録-おしゃれ小物で春をスタート-靴・バッグ・サングラス・時計・ネックレス・ベルト・・・etc.本気でほしくなるアイテムを厳選!


眉毛・まつげ・育毛・発毛

ベルサイユ宮殿と映画「マリー・アントワネット」

映画「マリー・アントワネット」には、
ベルサイユ宮殿を観光で訪れたときには入れない部屋が出てくる。

映画の前半だが、
マリー・アントワネットがオーストリアからフランスに嫁ぐために、
初めてベルサイユ宮殿に入ったとき。

寝室の奥の壁の秘密の扉
(なぜ秘密かというと、
扉が壁の模様の一部になっていて、扉があるとはわかりにくくなっているから)

を開けて、奥の部屋をのぞくシーンがある。

その奥の部屋は、
観光でベルサイユ宮殿に入ったときには非公開の部屋なのだ。


観光でベルサイユ宮殿を見て回るとき、
庭に面した部屋しか見ることはできない。

裏にある部屋は全て見ることはできないのだ。


裏のお部屋は、
表側のお部屋よりレベルが落ちるのかなと思っていたら、
映画で見た寝室の奥の小部屋も、
表側のお部屋におとらずきれいな壁紙がはってあった。

そして、
美しい布の柄と曲線で飾られたいすとテーブルが置いてあった。


マリーたちが使うんだから、
裏のお部屋だろうが、きれいなのは当たり前なんだね。
でも実際を見てみないと、
そういうこともわからなかった。
今回、映画で見ることができてラッキーだった。


いつか、
ベルサイユ宮殿の裏の部屋を見てみたいなあ。

台所や召使の部屋、倉庫や掃除道具入れ場など、
どんなふうに宮殿が運営されていたのかを見てみたいな。

ETC購入体験


「マリー・アントワネット」を観た!

映画「マリー・アントワネット」を観た。

マンガ「ベルサイユのバラ」(池田理代子)でマリー・アントワネットを知り、
そしてツアーコンダクターとして何度も訪れたベルサイユ宮殿、
そしてマリー・アントワネットの生まれたウィーンのベルベデーレ宮殿も登場。

マリー・アントワネットの生誕250周年の年に、
フランス政府の全面協力により、
マリー・アントワネットが生きた場所=ヴェルサイユ宮殿での撮影が実現した超大作『マリー・アントワネット』だ。

監督は、ソフィア・コッポラ。
cover alt="「マリー・アントワネット」(ユニバーサルクラシック)">

「マリー・アントワネット」(ユニバーサルクラシック)
CD2枚組みだ。

まず驚いたのが、
映画の音楽がクラシックではなく、ロックなどの現代的なものだったこと。

コレで一気に、
歴史ものでありながら、一人の若い女のコの物語だと認識できた。

それにマリー・アントワネット役のキルスティン・ダンストの愛らしいこと!
気品があるだけでなく、
笑うとえくぼの出る愛らしさ。


マリー・アントワネットはオーストリアとフランスの国境で、
オーストリア人の女官や愛犬、自分のドレスも下着さえともお別れし、
すべてフランスもののみを身につけて、フランスへお輿入り。

それでも初めて会うルイ14世国王に、にっこり笑う。
初めてベルサイユ宮殿に到着したときも、
大勢の貴族にじろじろ見られながらも笑顔を忘れないいじらしさと高貴な出のプライド。

オーストリア・ハプスブルグ家の娘として、
育てられただけのことはあるんだなと思った。
(庶民の私とは違うなと思って・・(爆))


それから、
マリー・アントワネットの死刑や首飾り事件などが出てこないのが、
ヨカッタ。

マリー・アントワネットの一生と歴史は重いし長いので、
女性、妻、そして母親として生きたいい時代だけを映画として取り上げたのが、
いい切り口だったなと思う。

そして夫だったルイ16世をバカにしないで描かれていたことが、
何よりもマリー・アントワネットの気品を高めていたと思う。

眉毛・まつげ・育毛・発毛


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
TOP

スポンサードリンク

スポンサードリンク

selected entries
categories
archives
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM