スポンサーサイト

  • 2007.03.19 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ドリームガールズとビヨンセ・ノウルズ

映画「ドリームガールズ」を観てきた。


cover
「ドリームガールズ オリジナルサウンドトラック」(ソニーミュージックエンタテインメント)

サントラ (アーティスト), ジェニファー・ハドソン (アーティスト), ビヨンセ・ノウルズ (アーティスト), アニカ・ノニ・ローズ (アーティスト), エディ・マーフィ (アーティスト), その他

「ドリームガールズ」はブロードウェイのミュージカルで大好評だったものを、
映画化したものだ。

ミュージカル「ドリームガールズ」は、
4年間で1522回も公演が行われ、
日本でも上演されたことがあるという。

トニー賞をも受賞したミュージカル。


さて映画「ドリームガールズ」は、
3人の仲良し女性グループ(ビヨンセ・ノウルズ他)が、
人気歌手(エディー・マーフィー)のバック・コ−ラスに抜擢され、
その後、リード・ボーカルを入れ替えて人気グループに成長するサクセス・ストーリーだ。

しかし、ハッピーエンドではない。


音楽も売れなきゃしょうがないわけで、
3人グループの「ドリーム・ガールズ」は仲間割れしたり、
作曲家が離れていったり、
みな、売るための路線がいやになっていく。


それにしても、ビヨンセ・ノウルズの美しさには目を見張った。
ビヨンセ・ノウルズが、リード・ボーカルに抜擢されるのも当然、と思える。

最初は時代的にダサく見える衣装だったが、
ドンドん洗練されていくファッションにうっとり。

新しい曲とともに、
衣装もっても楽しんだ。


cover
「ドリームガールズ:デラックス・エディション(DVD付)」(ソニーミュージックエンタテインメント)

サントラ (アーティスト, 演奏), マキシ・アンダーソン (アーティスト), シャーリン・カーモン (アーティスト), キーシャ・ヘリー (アーティスト), ダレル・バブス (アーティスト), その他


ETC購入体験

ドリームガールズとビヨンセ・ノウルズ

映画「ドリームガールズ」を観てきた。


cover
「ドリームガールズ オリジナルサウンドトラック」(ソニーミュージックエンタテインメント)

サントラ (アーティスト), ジェニファー・ハドソン (アーティスト), ビヨンセ・ノウルズ (アーティスト), アニカ・ノニ・ローズ (アーティスト), エディ・マーフィ (アーティスト), その他

「ドリームガールズ」はブロードウェイのミュージカルで大好評だったものを、
映画化したものだ。

ミュージカル「ドリームガールズ」は、
4年間で1522回も公演が行われ、
日本でも上演されたことがあるという。

トニー賞をも受賞したミュージカル。


さて映画「ドリームガールズ」は、
3人の仲良し女性グループ(ビヨンセ・ノウルズ他)が、
人気歌手(エディー・マーフィー)のバック・コ−ラスに抜擢され、
その後、リード・ボーカルを入れ替えて人気グループに成長するサクセス・ストーリーだ。

しかし、ハッピーエンドではない。


音楽も売れなきゃしょうがないわけで、
3人グループの「ドリーム・ガールズ」は仲間割れしたり、
作曲家が離れていったり、
みな、売るための路線がいやになっていく。


それにしても、ビヨンセ・ノウルズの美しさには目を見張った。
ビヨンセ・ノウルズが、リード・ボーカルに抜擢されるのも当然、と思える。

最初は時代的にダサく見える衣装だったが、
ドンドん洗練されていくファッションにうっとり。

新しい曲とともに、
衣装もっても楽しんだ。


cover
「ドリームガールズ:デラックス・エディション(DVD付)」(ソニーミュージックエンタテインメント)

サントラ (アーティスト, 演奏), マキシ・アンダーソン (アーティスト), シャーリン・カーモン (アーティスト), キーシャ・ヘリー (アーティスト), ダレル・バブス (アーティスト), その他


ETC購入体験

ドリームガールズとビヨンセ・ノウルズ

映画「ドリームガールズ」を観てきた。


cover
「ドリームガールズ オリジナルサウンドトラック」(ソニーミュージックエンタテインメント)

サントラ (アーティスト), ジェニファー・ハドソン (アーティスト), ビヨンセ・ノウルズ (アーティスト), アニカ・ノニ・ローズ (アーティスト), エディ・マーフィ (アーティスト), その他

「ドリームガールズ」はブロードウェイのミュージカルで大好評だったものを、
映画化したものだ。

ミュージカル「ドリームガールズ」は、
4年間で1522回も公演が行われ、
日本でも上演されたことがあるという。

トニー賞をも受賞したミュージカル。


さて映画「ドリームガールズ」は、
3人の仲良し女性グループ(ビヨンセ・ノウルズ他)が、
人気歌手(エディー・マーフィー)のバック・コ−ラスに抜擢され、
その後、リード・ボーカルを入れ替えて人気グループに成長するサクセス・ストーリーだ。

しかし、ハッピーエンドではない。


音楽も売れなきゃしょうがないわけで、
3人グループの「ドリーム・ガールズ」は仲間割れしたり、
作曲家が離れていったり、
みな、売るための路線がいやになっていく。


それにしても、ビヨンセ・ノウルズの美しさには目を見張った。
ビヨンセ・ノウルズが、リード・ボーカルに抜擢されるのも当然、と思える。

最初は時代的にダサく見える衣装だったが、
ドンドん洗練されていくファッションにうっとり。

新しい曲とともに、
衣装もっても楽しんだ。


cover
「ドリームガールズ:デラックス・エディション(DVD付)」(ソニーミュージックエンタテインメント)

サントラ (アーティスト, 演奏), マキシ・アンダーソン (アーティスト), シャーリン・カーモン (アーティスト), キーシャ・ヘリー (アーティスト), ダレル・バブス (アーティスト), その他


ETC購入体験

ドリームガールズとビヨンセ・ノウルズ

映画「ドリームガールズ」を観てきた。


cover
「ドリームガールズ オリジナルサウンドトラック」(ソニーミュージックエンタテインメント)

サントラ (アーティスト), ジェニファー・ハドソン (アーティスト), ビヨンセ・ノウルズ (アーティスト), アニカ・ノニ・ローズ (アーティスト), エディ・マーフィ (アーティスト), その他

「ドリームガールズ」はブロードウェイのミュージカルで大好評だったものを、
映画化したものだ。

ミュージカル「ドリームガールズ」は、
4年間で1522回も公演が行われ、
日本でも上演されたことがあるという。

トニー賞をも受賞したミュージカル。


さて映画「ドリームガールズ」は、
3人の仲良し女性グループ(ビヨンセ・ノウルズ他)が、
人気歌手(エディー・マーフィー)のバック・コ−ラスに抜擢され、
その後、リード・ボーカルを入れ替えて人気グループに成長するサクセス・ストーリーだ。

しかし、ハッピーエンドではない。


音楽も売れなきゃしょうがないわけで、
3人グループの「ドリーム・ガールズ」は仲間割れしたり、
作曲家が離れていったり、
みな、売るための路線がいやになっていく。


それにしても、ビヨンセ・ノウルズの美しさには目を見張った。
ビヨンセ・ノウルズが、リード・ボーカルに抜擢されるのも当然、と思える。

最初は時代的にダサく見える衣装だったが、
ドンドん洗練されていくファッションにうっとり。

新しい曲とともに、
衣装もっても楽しんだ。


cover
「ドリームガールズ:デラックス・エディション(DVD付)」(ソニーミュージックエンタテインメント)

サントラ (アーティスト, 演奏), マキシ・アンダーソン (アーティスト), シャーリン・カーモン (アーティスト), キーシャ・ヘリー (アーティスト), ダレル・バブス (アーティスト), その他


ETC購入体験

ドリームガールズとビヨンセ・ノウルズ

映画「ドリームガールズ」を観てきた。


cover
「ドリームガールズ オリジナルサウンドトラック」(ソニーミュージックエンタテインメント)

サントラ (アーティスト), ジェニファー・ハドソン (アーティスト), ビヨンセ・ノウルズ (アーティスト), アニカ・ノニ・ローズ (アーティスト), エディ・マーフィ (アーティスト), その他

「ドリームガールズ」はブロードウェイのミュージカルで大好評だったものを、
映画化したものだ。

ミュージカル「ドリームガールズ」は、
4年間で1522回も公演が行われ、
日本でも上演されたことがあるという。

トニー賞をも受賞したミュージカル。


さて映画「ドリームガールズ」は、
3人の仲良し女性グループ(ビヨンセ・ノウルズ他)が、
人気歌手(エディー・マーフィー)のバック・コ−ラスに抜擢され、
その後、リード・ボーカルを入れ替えて人気グループに成長するサクセス・ストーリーだ。

しかし、ハッピーエンドではない。


音楽も売れなきゃしょうがないわけで、
3人グループの「ドリーム・ガールズ」は仲間割れしたり、
作曲家が離れていったり、
みな、売るための路線がいやになっていく。


それにしても、ビヨンセ・ノウルズの美しさには目を見張った。
ビヨンセ・ノウルズが、リード・ボーカルに抜擢されるのも当然、と思える。

最初は時代的にダサく見える衣装だったが、
ドンドん洗練されていくファッションにうっとり。

新しい曲とともに、
衣装もっても楽しんだ。


cover
「ドリームガールズ:デラックス・エディション(DVD付)」(ソニーミュージックエンタテインメント)

サントラ (アーティスト, 演奏), マキシ・アンダーソン (アーティスト), シャーリン・カーモン (アーティスト), キーシャ・ヘリー (アーティスト), ダレル・バブス (アーティスト), その他


ETC購入体験

ドリームガールズとビヨンセ・ノウルズ

映画「ドリームガールズ」を観てきた。


cover
「ドリームガールズ オリジナルサウンドトラック」(ソニーミュージックエンタテインメント)

サントラ (アーティスト), ジェニファー・ハドソン (アーティスト), ビヨンセ・ノウルズ (アーティスト), アニカ・ノニ・ローズ (アーティスト), エディ・マーフィ (アーティスト), その他

「ドリームガールズ」はブロードウェイのミュージカルで大好評だったものを、
映画化したものだ。

ミュージカル「ドリームガールズ」は、
4年間で1522回も公演が行われ、
日本でも上演されたことがあるという。

トニー賞をも受賞したミュージカル。


さて映画「ドリームガールズ」は、
3人の仲良し女性グループ(ビヨンセ・ノウルズ他)が、
人気歌手(エディー・マーフィー)のバック・コ−ラスに抜擢され、
その後、リード・ボーカルを入れ替えて人気グループに成長するサクセス・ストーリーだ。

しかし、ハッピーエンドではない。


音楽も売れなきゃしょうがないわけで、
3人グループの「ドリーム・ガールズ」は仲間割れしたり、
作曲家が離れていったり、
みな、売るための路線がいやになっていく。


それにしても、ビヨンセ・ノウルズの美しさには目を見張った。
ビヨンセ・ノウルズが、リード・ボーカルに抜擢されるのも当然、と思える。

最初は時代的にダサく見える衣装だったが、
ドンドん洗練されていくファッションにうっとり。

新しい曲とともに、
衣装もっても楽しんだ。


cover
「ドリームガールズ:デラックス・エディション(DVD付)」(ソニーミュージックエンタテインメント)

サントラ (アーティスト, 演奏), マキシ・アンダーソン (アーティスト), シャーリン・カーモン (アーティスト), キーシャ・ヘリー (アーティスト), ダレル・バブス (アーティスト), その他


ETC購入体験

ドリームガールズとビヨンセ・ノウルズ

映画「ドリームガールズ」を観てきた。


cover
「ドリームガールズ オリジナルサウンドトラック」(ソニーミュージックエンタテインメント)

サントラ (アーティスト), ジェニファー・ハドソン (アーティスト), ビヨンセ・ノウルズ (アーティスト), アニカ・ノニ・ローズ (アーティスト), エディ・マーフィ (アーティスト), その他

「ドリームガールズ」はブロードウェイのミュージカルで大好評だったものを、
映画化したものだ。

ミュージカル「ドリームガールズ」は、
4年間で1522回も公演が行われ、
日本でも上演されたことがあるという。

トニー賞をも受賞したミュージカル。


さて映画「ドリームガールズ」は、
3人の仲良し女性グループ(ビヨンセ・ノウルズ他)が、
人気歌手(エディー・マーフィー)のバック・コ−ラスに抜擢され、
その後、リード・ボーカルを入れ替えて人気グループに成長するサクセス・ストーリーだ。

しかし、ハッピーエンドではない。


音楽も売れなきゃしょうがないわけで、
3人グループの「ドリーム・ガールズ」は仲間割れしたり、
作曲家が離れていったり、
みな、売るための路線がいやになっていく。


それにしても、ビヨンセ・ノウルズの美しさには目を見張った。
ビヨンセ・ノウルズが、リード・ボーカルに抜擢されるのも当然、と思える。

最初は時代的にダサく見える衣装だったが、
ドンドん洗練されていくファッションにうっとり。

新しい曲とともに、
衣装もっても楽しんだ。


cover
「ドリームガールズ:デラックス・エディション(DVD付)」(ソニーミュージックエンタテインメント)

サントラ (アーティスト, 演奏), マキシ・アンダーソン (アーティスト), シャーリン・カーモン (アーティスト), キーシャ・ヘリー (アーティスト), ダレル・バブス (アーティスト), その他


ETC購入体験

ドリームガールズとビヨンセ・ノウルズ

映画「ドリームガールズ」を観てきた。


cover
「ドリームガールズ オリジナルサウンドトラック」(ソニーミュージックエンタテインメント)

サントラ (アーティスト), ジェニファー・ハドソン (アーティスト), ビヨンセ・ノウルズ (アーティスト), アニカ・ノニ・ローズ (アーティスト), エディ・マーフィ (アーティスト), その他

「ドリームガールズ」はブロードウェイのミュージカルで大好評だったものを、
映画化したものだ。

ミュージカル「ドリームガールズ」は、
4年間で1522回も公演が行われ、
日本でも上演されたことがあるという。

トニー賞をも受賞したミュージカル。


さて映画「ドリームガールズ」は、
3人の仲良し女性グループ(ビヨンセ・ノウルズ他)が、
人気歌手(エディー・マーフィー)のバック・コ−ラスに抜擢され、
その後、リード・ボーカルを入れ替えて人気グループに成長するサクセス・ストーリーだ。

しかし、ハッピーエンドではない。


音楽も売れなきゃしょうがないわけで、
3人グループの「ドリーム・ガールズ」は仲間割れしたり、
作曲家が離れていったり、
みな、売るための路線がいやになっていく。


それにしても、ビヨンセ・ノウルズの美しさには目を見張った。
ビヨンセ・ノウルズが、リード・ボーカルに抜擢されるのも当然、と思える。

最初は時代的にダサく見える衣装だったが、
ドンドん洗練されていくファッションにうっとり。

新しい曲とともに、
衣装もっても楽しんだ。


cover
「ドリームガールズ:デラックス・エディション(DVD付)」(ソニーミュージックエンタテインメント)

サントラ (アーティスト, 演奏), マキシ・アンダーソン (アーティスト), シャーリン・カーモン (アーティスト), キーシャ・ヘリー (アーティスト), ダレル・バブス (アーティスト), その他


ETC購入体験

ドリームガールズとビヨンセ・ノウルズ

映画「ドリームガールズ」を観てきた。


cover
「ドリームガールズ オリジナルサウンドトラック」(ソニーミュージックエンタテインメント)

サントラ (アーティスト), ジェニファー・ハドソン (アーティスト), ビヨンセ・ノウルズ (アーティスト), アニカ・ノニ・ローズ (アーティスト), エディ・マーフィ (アーティスト), その他

「ドリームガールズ」はブロードウェイのミュージカルで大好評だったものを、
映画化したものだ。

ミュージカル「ドリームガールズ」は、
4年間で1522回も公演が行われ、
日本でも上演されたことがあるという。

トニー賞をも受賞したミュージカル。


さて映画「ドリームガールズ」は、
3人の仲良し女性グループ(ビヨンセ・ノウルズ他)が、
人気歌手(エディー・マーフィー)のバック・コ−ラスに抜擢され、
その後、リード・ボーカルを入れ替えて人気グループに成長するサクセス・ストーリーだ。

しかし、ハッピーエンドではない。


音楽も売れなきゃしょうがないわけで、
3人グループの「ドリーム・ガールズ」は仲間割れしたり、
作曲家が離れていったり、
みな、売るための路線がいやになっていく。


それにしても、ビヨンセ・ノウルズの美しさには目を見張った。
ビヨンセ・ノウルズが、リード・ボーカルに抜擢されるのも当然、と思える。

最初は時代的にダサく見える衣装だったが、
ドンドん洗練されていくファッションにうっとり。

新しい曲とともに、
衣装もっても楽しんだ。


cover
「ドリームガールズ:デラックス・エディション(DVD付)」(ソニーミュージックエンタテインメント)

サントラ (アーティスト, 演奏), マキシ・アンダーソン (アーティスト), シャーリン・カーモン (アーティスト), キーシャ・ヘリー (アーティスト), ダレル・バブス (アーティスト), その他


ETC購入体験

ドリームガールズとビヨンセ・ノウルズ

映画「ドリームガールズ」を観てきた。


cover
「ドリームガールズ オリジナルサウンドトラック」(ソニーミュージックエンタテインメント)

サントラ (アーティスト), ジェニファー・ハドソン (アーティスト), ビヨンセ・ノウルズ (アーティスト), アニカ・ノニ・ローズ (アーティスト), エディ・マーフィ (アーティスト), その他

「ドリームガールズ」はブロードウェイのミュージカルで大好評だったものを、
映画化したものだ。

ミュージカル「ドリームガールズ」は、
4年間で1522回も公演が行われ、
日本でも上演されたことがあるという。

トニー賞をも受賞したミュージカル。


さて映画「ドリームガールズ」は、
3人の仲良し女性グループ(ビヨンセ・ノウルズ他)が、
人気歌手(エディー・マーフィー)のバック・コ−ラスに抜擢され、
その後、リード・ボーカルを入れ替えて人気グループに成長するサクセス・ストーリーだ。

しかし、ハッピーエンドではない。


音楽も売れなきゃしょうがないわけで、
3人グループの「ドリーム・ガールズ」は仲間割れしたり、
作曲家が離れていったり、
みな、売るための路線がいやになっていく。


それにしても、ビヨンセ・ノウルズの美しさには目を見張った。
ビヨンセ・ノウルズが、リード・ボーカルに抜擢されるのも当然、と思える。

最初は時代的にダサく見える衣装だったが、
ドンドん洗練されていくファッションにうっとり。

新しい曲とともに、
衣装もっても楽しんだ。


cover
「ドリームガールズ:デラックス・エディション(DVD付)」(ソニーミュージックエンタテインメント)

サントラ (アーティスト, 演奏), マキシ・アンダーソン (アーティスト), シャーリン・カーモン (アーティスト), キーシャ・ヘリー (アーティスト), ダレル・バブス (アーティスト), その他


ETC購入体験

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
TOP

スポンサードリンク

スポンサードリンク

selected entries
categories
archives
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM