<< 「マリー・アントワネット」を観た! | main | キルスティン・ダンスト人気♪ >>

スポンサーサイト

  • 2007.03.19 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ベルサイユ宮殿と映画「マリー・アントワネット」

映画「マリー・アントワネット」には、
ベルサイユ宮殿を観光で訪れたときには入れない部屋が出てくる。

映画の前半だが、
マリー・アントワネットがオーストリアからフランスに嫁ぐために、
初めてベルサイユ宮殿に入ったとき。

寝室の奥の壁の秘密の扉
(なぜ秘密かというと、
扉が壁の模様の一部になっていて、扉があるとはわかりにくくなっているから)

を開けて、奥の部屋をのぞくシーンがある。

その奥の部屋は、
観光でベルサイユ宮殿に入ったときには非公開の部屋なのだ。


観光でベルサイユ宮殿を見て回るとき、
庭に面した部屋しか見ることはできない。

裏にある部屋は全て見ることはできないのだ。


裏のお部屋は、
表側のお部屋よりレベルが落ちるのかなと思っていたら、
映画で見た寝室の奥の小部屋も、
表側のお部屋におとらずきれいな壁紙がはってあった。

そして、
美しい布の柄と曲線で飾られたいすとテーブルが置いてあった。


マリーたちが使うんだから、
裏のお部屋だろうが、きれいなのは当たり前なんだね。
でも実際を見てみないと、
そういうこともわからなかった。
今回、映画で見ることができてラッキーだった。


いつか、
ベルサイユ宮殿の裏の部屋を見てみたいなあ。

台所や召使の部屋、倉庫や掃除道具入れ場など、
どんなふうに宮殿が運営されていたのかを見てみたいな。

ETC購入体験


スポンサーサイト

  • 2007.03.19 Monday
  • -
  • 13:31
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
TOP

スポンサードリンク

スポンサードリンク

selected entries
categories
archives
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM