スポンサーサイト

  • 2007.03.19 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


反町隆史の青き狼 地果て海尽きるまで

反町隆史主演の「青き狼 地果て海尽きるまで」を観た。
反町隆史の堂々としたチンギス・ハーンぶりはとてもよかった。

父親と年齢による貫禄を身につけている反町隆史には、
部族長として母や兄弟をまとめながら力をつけていく好青年役が
ぴったりはまっていた。

チンギス・ハーンは、戦い、戦いばかりの権力好きな男かと思っていたら、
女性に本気で恋をし、部族の仲間をほめたたえることもできる、
すばらしい男だった。


争いをなくすために、モンゴルを統一しようという大きな構想で、
沈着冷静に戦う様はかっこよい。

また、女性が戦利品にならないようにするといい、
友達が攻めてきて勝ったときも、
領土を焼いたり人々を殺したりしなかった。


多くの人に好かれたからこそ、
皆がチンギス・ハーンの元に集まってきたのだろうと思えた。


ただチンギス・ハーンにも、
弱点があった。

それは、長男が自分の子どもか?という不安だ。


長男に冷たく、
それでも父の命令に従う長男はいたいけだ。

長男の死とともに、子ども心をやっと理解できたからこそ、
長男とともに攻めたかった中国への戦いにも挑んでいったのだろう。

そして長男を胸に、
領土拡大というか、
安定した戦争のない平和な国づくりの
尽きることのない戦いに挑み続けたのかもしれない。


光ファイバー解約体験



ドリームガールズとビヨンセ・ノウルズ

映画「ドリームガールズ」を観てきた。


cover
「ドリームガールズ オリジナルサウンドトラック」(ソニーミュージックエンタテインメント)

サントラ (アーティスト), ジェニファー・ハドソン (アーティスト), ビヨンセ・ノウルズ (アーティスト), アニカ・ノニ・ローズ (アーティスト), エディ・マーフィ (アーティスト), その他

「ドリームガールズ」はブロードウェイのミュージカルで大好評だったものを、
映画化したものだ。

ミュージカル「ドリームガールズ」は、
4年間で1522回も公演が行われ、
日本でも上演されたことがあるという。

トニー賞をも受賞したミュージカル。


さて映画「ドリームガールズ」は、
3人の仲良し女性グループ(ビヨンセ・ノウルズ他)が、
人気歌手(エディー・マーフィー)のバック・コ−ラスに抜擢され、
その後、リード・ボーカルを入れ替えて人気グループに成長するサクセス・ストーリーだ。

しかし、ハッピーエンドではない。


音楽も売れなきゃしょうがないわけで、
3人グループの「ドリーム・ガールズ」は仲間割れしたり、
作曲家が離れていったり、
みな、売るための路線がいやになっていく。


それにしても、ビヨンセ・ノウルズの美しさには目を見張った。
ビヨンセ・ノウルズが、リード・ボーカルに抜擢されるのも当然、と思える。

最初は時代的にダサく見える衣装だったが、
ドンドん洗練されていくファッションにうっとり。

新しい曲とともに、
衣装もっても楽しんだ。


cover
「ドリームガールズ:デラックス・エディション(DVD付)」(ソニーミュージックエンタテインメント)

サントラ (アーティスト, 演奏), マキシ・アンダーソン (アーティスト), シャーリン・カーモン (アーティスト), キーシャ・ヘリー (アーティスト), ダレル・バブス (アーティスト), その他


ETC購入体験

ドリームガールズとビヨンセ・ノウルズ

映画「ドリームガールズ」を観てきた。


cover
「ドリームガールズ オリジナルサウンドトラック」(ソニーミュージックエンタテインメント)

サントラ (アーティスト), ジェニファー・ハドソン (アーティスト), ビヨンセ・ノウルズ (アーティスト), アニカ・ノニ・ローズ (アーティスト), エディ・マーフィ (アーティスト), その他

「ドリームガールズ」はブロードウェイのミュージカルで大好評だったものを、
映画化したものだ。

ミュージカル「ドリームガールズ」は、
4年間で1522回も公演が行われ、
日本でも上演されたことがあるという。

トニー賞をも受賞したミュージカル。


さて映画「ドリームガールズ」は、
3人の仲良し女性グループ(ビヨンセ・ノウルズ他)が、
人気歌手(エディー・マーフィー)のバック・コ−ラスに抜擢され、
その後、リード・ボーカルを入れ替えて人気グループに成長するサクセス・ストーリーだ。

しかし、ハッピーエンドではない。


音楽も売れなきゃしょうがないわけで、
3人グループの「ドリーム・ガールズ」は仲間割れしたり、
作曲家が離れていったり、
みな、売るための路線がいやになっていく。


それにしても、ビヨンセ・ノウルズの美しさには目を見張った。
ビヨンセ・ノウルズが、リード・ボーカルに抜擢されるのも当然、と思える。

最初は時代的にダサく見える衣装だったが、
ドンドん洗練されていくファッションにうっとり。

新しい曲とともに、
衣装もっても楽しんだ。


cover
「ドリームガールズ:デラックス・エディション(DVD付)」(ソニーミュージックエンタテインメント)

サントラ (アーティスト, 演奏), マキシ・アンダーソン (アーティスト), シャーリン・カーモン (アーティスト), キーシャ・ヘリー (アーティスト), ダレル・バブス (アーティスト), その他


ETC購入体験

ドリームガールズとビヨンセ・ノウルズ

映画「ドリームガールズ」を観てきた。


cover
「ドリームガールズ オリジナルサウンドトラック」(ソニーミュージックエンタテインメント)

サントラ (アーティスト), ジェニファー・ハドソン (アーティスト), ビヨンセ・ノウルズ (アーティスト), アニカ・ノニ・ローズ (アーティスト), エディ・マーフィ (アーティスト), その他

「ドリームガールズ」はブロードウェイのミュージカルで大好評だったものを、
映画化したものだ。

ミュージカル「ドリームガールズ」は、
4年間で1522回も公演が行われ、
日本でも上演されたことがあるという。

トニー賞をも受賞したミュージカル。


さて映画「ドリームガールズ」は、
3人の仲良し女性グループ(ビヨンセ・ノウルズ他)が、
人気歌手(エディー・マーフィー)のバック・コ−ラスに抜擢され、
その後、リード・ボーカルを入れ替えて人気グループに成長するサクセス・ストーリーだ。

しかし、ハッピーエンドではない。


音楽も売れなきゃしょうがないわけで、
3人グループの「ドリーム・ガールズ」は仲間割れしたり、
作曲家が離れていったり、
みな、売るための路線がいやになっていく。


それにしても、ビヨンセ・ノウルズの美しさには目を見張った。
ビヨンセ・ノウルズが、リード・ボーカルに抜擢されるのも当然、と思える。

最初は時代的にダサく見える衣装だったが、
ドンドん洗練されていくファッションにうっとり。

新しい曲とともに、
衣装もっても楽しんだ。


cover
「ドリームガールズ:デラックス・エディション(DVD付)」(ソニーミュージックエンタテインメント)

サントラ (アーティスト, 演奏), マキシ・アンダーソン (アーティスト), シャーリン・カーモン (アーティスト), キーシャ・ヘリー (アーティスト), ダレル・バブス (アーティスト), その他


ETC購入体験

ドリームガールズとビヨンセ・ノウルズ

映画「ドリームガールズ」を観てきた。


cover
「ドリームガールズ オリジナルサウンドトラック」(ソニーミュージックエンタテインメント)

サントラ (アーティスト), ジェニファー・ハドソン (アーティスト), ビヨンセ・ノウルズ (アーティスト), アニカ・ノニ・ローズ (アーティスト), エディ・マーフィ (アーティスト), その他

「ドリームガールズ」はブロードウェイのミュージカルで大好評だったものを、
映画化したものだ。

ミュージカル「ドリームガールズ」は、
4年間で1522回も公演が行われ、
日本でも上演されたことがあるという。

トニー賞をも受賞したミュージカル。


さて映画「ドリームガールズ」は、
3人の仲良し女性グループ(ビヨンセ・ノウルズ他)が、
人気歌手(エディー・マーフィー)のバック・コ−ラスに抜擢され、
その後、リード・ボーカルを入れ替えて人気グループに成長するサクセス・ストーリーだ。

しかし、ハッピーエンドではない。


音楽も売れなきゃしょうがないわけで、
3人グループの「ドリーム・ガールズ」は仲間割れしたり、
作曲家が離れていったり、
みな、売るための路線がいやになっていく。


それにしても、ビヨンセ・ノウルズの美しさには目を見張った。
ビヨンセ・ノウルズが、リード・ボーカルに抜擢されるのも当然、と思える。

最初は時代的にダサく見える衣装だったが、
ドンドん洗練されていくファッションにうっとり。

新しい曲とともに、
衣装もっても楽しんだ。


cover
「ドリームガールズ:デラックス・エディション(DVD付)」(ソニーミュージックエンタテインメント)

サントラ (アーティスト, 演奏), マキシ・アンダーソン (アーティスト), シャーリン・カーモン (アーティスト), キーシャ・ヘリー (アーティスト), ダレル・バブス (アーティスト), その他


ETC購入体験

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
TOP

スポンサードリンク

スポンサードリンク

selected entries
categories
archives
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM